演技・浮気・ギャンブルでの借金

芸能界に演技だけでなく、興味深い私生活によって、長年にわたりファンを困惑させてきた人たちが大勢います演技、浮気、ギャンブルでの借金と聞いて頭に浮かんでくる外国人俳優と言えば、ミッキー・ルーニーかもしれません。 

ミッキー・ルーニーはアメリカの俳優コメディアン、ボードビル芸人であり、またラジオパーソナリティプロデューサーとして90年間にわたり活躍してました。1930年代から40年代にかけてトップスターだった彼はこの間最も稼ぐ俳優の1人でした。 

300本以上の映画に出演し、亡くなる直前までキャリアを積んできたルーニーは、世界でも最もよく知られている存在の1人です。有名な映画『ティファニーで朝食を』ユニオシという名の日系人役を演じたのも彼でした。多くの人にとっての演技は不快なものでしたが、映画界で最も有名な人物の一人であり続けています。もともとは子役として活躍した彼ですが、成長するに従い自らの外見に悩むことに。それでもミッキー・ルーニー名高いプレイボーイであり、長年にわたって多くの浮名を流してきました。 

スクリーンの外では、あらゆる種類のギャンブルをこよなく愛したルーニーはナルシストでもありました。抑うつ的な行動をとることで私生活への影響もあったといいます。8度の結婚を繰り返した家庭生活問題があり映画スターや売り出し中の若手女優との浮気も一度や二度のことではありませんでした。 

その波乱万丈な人生は、自伝映画が制作されたら物議を醸すこと間違いありません例を挙げると、ルーニーは有名スターのエヴァ・ガードナー19歳の時に彼女と結婚、わずか数週間後に浮気がバレことになりましたそして浮気を償うために巨大なダイヤの指輪を贈ったものの、ギャンブルの借金を返すために指輪を取り戻す必要に迫られました最終的にルーニー15歳の女性と浮気が発覚し、彼らの結婚生活は破綻しました。 

また、彼はエリザベス・テイラーがまだ14歳の時にも浮気をしています。当時彼は美貌で有名なベティ・ジェイン・レイズと結婚しており、ベティは第二子を妊娠中でした。彼は妻にその件を口外しないよう頼、ほぼ全財産をベティに支払うことになりした 

ルーニーの交際相手の中には彼のそのような行動を全面から否定した人もいたものの、多くは彼が交際中に浮気をしてもなお素晴らしい恋人だったと話しています。業界彼の道徳に反した行動を把握していましたが、稼ぎ頭であることからバックアップを続けていました。 

彼のつかの間の浮気やギャンブル中毒は、うつ病と闘うためのものだったと考える人もいます。ルーニーは生涯で4回も自殺を図りましたが、このことは親しい間柄の人だけに伏せられており、他の人にとっては90歳を過ぎても女性を口説くような魅力的な男性でした。 

1940年代になると、マフィアでさえ彼の首を欲しがるほど莫大な借金を抱えることになり彼の周囲にいる人すべてが危険にさらされていた時期もありました家族や親しい人たちは、彼の行動がもたらした結果に対応せざるを得ないことに嫌気がさしていました。 

9人の子を持つルーニーが素晴らしい父親であったという話はあまり聞かれず、2006年に子ども1人が亡くなった際の対応も残念なものでした。晩年になると、周囲の人間が自分の資産を使わせないよう制限しているとして高齢者虐待を訴えています。家族やマネージャーのせいにして、2度も破産宣告をしたことすらありました 

ギャンブル関連の問題を抱える俳優

ギャンブルは楽しいものですが、手に負えない状態に陥ることもあります。ほとんどの場合、ギャンブル依存症は、他の習慣の代替行動であったり、攻撃性や抑うつに対処したりする手段にすぎません。世界的な有名人の中には、手に負えないような深刻なギャンブル関連の問題を抱えている人もいます。そのうち何人かをご紹介しましょう。 

• タイガー・ウッズは計算外のリスクを冒すことで知られており、MGMグランドでさえ100万ドル以上賭けることを禁じています。 

• ヴィクトリア・コーレン・ミッチェルは有名な作家であり、プロのポーカープレイヤーでもあります。彼女のギャンブル好きは筋金入りですが、比較的うまくいっているほうだと言えるでしょう。 

• アメリカ人俳優のチャーリー・シーンはトラブルメーカーとして知られています。ギャンブルに週20万ドルも費やすようになった時点で、ギャンブル好きが深刻な問題になりました。 

• トビー・マグワイアは賭けに関しては成功していますが、違法賭博に関わったとして訴えられています。